鈴木産業株式会社

お問合せ 

常温硬化型 無溶剤・無機質コーティング材料 セラトン・セラニック

効果・比較

無溶剤塗料の効果

塗料に多量に使用されている揮発性有機化合物[VOC:Volatile Organic Compounds=シンナー類]は、臭気公害の他にNoxと紫外線の存在下、光化学反応によって光化学オキシダントを発生して、人や動物の目・喉・気管支の粘膜を刺激しますし、酸性雨と共に植物の炭酸同化作用を阻害して、森林、農作物へ被害を及ぼす温室効果ガスのメタンの分解を遅延させていることにより間接的な地球温暖化作用など広範な有害性が警告されています。

海外諸国では、VOC規制が行われており、年々厳しい規制化へと進んでいます。

セラトンは、シンナー類を全く使用しておらず、画期的な無溶剤商品として環境、臭気公害などへの影響の少ない次世代塗材の技術革新塗料と言えます。

塗膜性能の比較

比 較 性 能
項目(優先順)比較評価

ポリウレタン系

塗料
フッ素系

塗料
常温硬化型
無機質
塗料  A社
常温硬化型
無機質
塗料   B社
セラトン
不燃 ・ 難燃性 1.0
無溶剤性  0.9
非膨張性  0.9
湿潤面施工性 0.9
洗浄回復性 0.9
耐損傷性 0.9
塗重ね性能 0.7
耐汚染性 0.5
演色性能 0.3
総合評価 29 21 29 30 44
備  考         評価方法 : 優 ← A(5点) B(4点) C(3点) D(2点) E(1点) → 劣

セラトンと他の塗料の耐候性比較

本州四国連絡橋公団 六間川橋 塗替 試験施工 17年経過

第1層 変成エポキシ樹脂
第2層 セラトンUT(現セラニック)
第3層 セラトンPTN

無溶剤塗料の特徴
VOC未使用:作業員が安全
他工種と並行して作業が可能

トップへ

Copyright (C) Suzuki Industrial Co., Ltd